GMOクリックホールディングス(7177)はよくわからないけど優待がいい。

株日記
08 /15 2016
本日(8/15)の日経平均株価:16869.56(-50.36)

今日は終始薄商いで、値動きも少なく…やっぱり休んでる人が多いのでしょうか。ドル円も相変わらず101~102円くらいをウロウロ。

個別ではソフトバンク(9984)がやけに上がってました。特に材料はなかったような気がしますが、短期の資金が入ったのでしょうか?この1銘柄だけで日経平均53円の上昇だそうです。



今日の注目銘柄:GMOクリックホールディングス(7177)

市場:JQS
株価:711円
PER:12.7倍(前期実績)
PBR:3.4倍
自己資本比率:5.4%
自己資本規制比率:378.3%
配当利回り:3.1%(前期実績)
優待利回り:8.4%(100株)

◇優待内容

権利確定月:6月, 12月

売買手数料キャッシュバック 
※GMOクリック証券における手数料が対象。
100株以上300株未満の株主は上限3,000円、300株以上500株未満の株主は上限5,000円、500株以上1,000株未満の株主は上限7,000円、1,000株以上の株主は上限10,000円 

自社株式買付手数料キャッシュバック 
※GMOクリック証券における手数料が対象 



【業績・財務】
傘下にFX大手のGMOクリック証券などを持つ、GMOインターネットグループの金融持株会社です。後発の企業ながら、FXの取引高は4年連続世界一、株式は大手ネット証券の一角に。システムを内製化し、コストを抑えているところが強みです。

先月発表された17年3月期の1Qは、前年同期と同じくらいでした。この期間は株価が低調で、株式投資が手控えられたため他の証券会社は悪い決算でしたが、ここは上げでも下げでも大きく動けばトレードが増えるFXの方が主力なので影響が少なかったようです。ただ、逆に為替のボラティリティが低い時期は、株式中心の証券会社より影響が大きいと言えるでしょう。

財務は…正直証券会社の財務内容はさっぱりですが、自己資本規制比率が300%以上ということで、心配はないでしょう。たぶん。ほかの証券会社と比較しても特に低いということはありません。



【配当・優待】
配当性向50%目標。もちろん、業績の読みにくいセクターなので配当金額はどうなるかわかりませんが、前期並みならまずます。年4回配当も、個人的には嬉しいです。

優待は、GMOで取引される方なら額面通りの価値ですし、悪くないです。…と言うか、かなりいいです。



【チャート】
2年チャートを見ると上場からずっと下降トレンドなのが一目瞭然です。今年の春頃から13週・26週線が横向きになってきてますし、やっと下げ止まったかなという印象です。

16年に入ってからは600~800円くらいのレンジに見えます。ここから大きな材料が出て上離れするといい感じですね。



【感想】
IRセミナーでお話を聞いた銘柄です。

ネット証券としてはかなり後発なのにここまでハイスピードで成長するのはすごいです。ただ、自分は証券セクターには詳しくないので正直よくわからなくて…とにかく業績が揺れ動くセクターですし、短期でトレードする銘柄群というイメージです。

ここはまだ業績が上がる余地がありそうなのと、優待がいいので長期保有するという選択もアリだと思います。まずGMOの証券口座を作らないとですけど…。



ソフト99コーポレーション(4464)は超キャッシュリッチ。

株日記
08 /12 2016
本日(8/12)の日経平均株価:16919.92(+184.80)

いやはや、SQの週末だというのに強いですね。ついに、17000奪還までもう少しのところまで来てしまいました。

海外の株高に円安、原油の堅調さもありますが、やはり日銀の金融政策が効いてるんでしょうね。ただ、これで安心して買いで大きく入るとやられそうで…。

引き続き、個別で割安そうなものを物色しています。



今日の注目銘柄:ソフト99コーポレーション(4464)


市場:東証2部
株価:704
PER:9.7倍
PBR:0.36倍
自己資本比率:86.1%
配当利回り:2.7%
優待利回り:?

◇優待内容

100株以上 自社製品(カーケア製品)
500株以上 2つ選択 自社および自社グループ会社製品等
1,000株以上 3つ選択

※500株以上の株主は5コース(カーケア製品・生活用品・「極楽湯」無料入浴券3枚等)より選択
※3年以上継続保有の場合、100株以上500株未満の株主には自社製品の内容が異なる。500株以上1,000株未満は3つ選択、1,000株以上は4つ選択 




【業績・財務】
「ガラコ」や「フクピカ」などカー用品で有名な企業です。一般消費者向けカー用品が主力ですが、車関連以外でも家庭用のクリーナー、産業用の資材、ウェブショップや不動産事業など多角経営で業績の安定を図っています。

2016年3月期は、売上高・営業利益ともに過去10年で最高でしたが、2017年3月期は若干減益の予想。大型物流センターへの投資費用を計上するためなので、心配はないとのこと。8/5に発表された1Qも、売上・利益ともにほぼ前年度と変わらず。

財務面では鉄壁で「現金及び預金」だけで負債全体の倍ほどあります。「もっと還元しろ」と株主から批判が出るレベルです。ただ、変化の早い自動車関連企業なので、ある程度投資資金を残しておく必要はあるでしょう。



【配当・優待】
自社株買いを含めた総還元性向30%を目処としているそうです。財務から見ると少し物足りませんが、まあ及第点しょうか。

優待は会社関連商品のセットですが、100株だと選べないようで、車持ってない人のところにカー用品が来たら使い道が…。自社関連商品の優待は、その企業のことも知れるので嫌いではないのですが、できれば有用なもののほうがいいですよね(^_^;)



【チャート】
10年・5年チャートでは、緩やかに上昇トレンドだったのが、直近の下げで崩れてきたようにも見えますね。1年や半年のチャートだと逆に下降トレンドに見えます。

去年の夏に一旦天井を付け、日経平均とともに下降トレンドになっているようです。東証二部の銘柄ですが、思ったより日経平均に連動してます。景気敏感株の自動車関連だからでしょうか。

週足の移動平均線もすべて下向きですし、買いでは入りにくいチャートです。



【感想】
引き続き、IRセミナーでお話を伺った銘柄です。

セミナーを聞いていて、かなり堅実な経営をしているという印象を受けました。カー用品の市場は変化が激しいため、新しい取り組みやリスク分散に積極的で、機を見て素早く動くために資金を確保しているようです。

PER・PBRともに割安ですし、財務もいい。不安材料は、カー用品という分野そのものが持つ景気敏感さです。チャートの形も少し悪い。うーん…まあ買ってもいいとは思いますけど、すぐ値上がりが期待できるような銘柄ではありませんね。

あと、昇格に関するお話はありませんでしたが、期待はできなさそう。資金を多く確保しておきたいという印象を受けたので、うるさい株主が多くなるのは好ましくないでしょう。

日本メディカルネットコミュニケーションズ(3645)の来期はどっちだ?

株日記
08 /10 2016
本日(8/10)の日経平均株価:16735.12(-29.85)

今日は休み前ということもあって薄商いでしたね。

日銀のETF買いに対する期待から下がりにくく、為替が1ドル=101円台前半になっても日経はほぼ変わらずでした。



今日の注目銘柄:日本メディカルネットコミュニケーションズ(3645)


市場:東証マザーズ
株価:427
PER:32.8倍
PBR:1.75倍


【業務内容】
特色:インプラント、矯正など自由診療歯科向けのポータルサイト運営。広告収益主体だが課金育成中

ポータルサイト運営、SEM、ホームページ作成・メンテナンス、医療BtoBなど、歯科関連の事業を行っています。一般向けの歯科ポータルサイト、歯科医師向けのBtoBでもほぼオンリーワン企業です。

一時期は、エムスリーやヤフーなども参入しましたが、当社の地道に築いた歯科医のネットワークに太刀打ちできず撤退したとのこと。

ノウハウと人脈で先行するニッチトップ企業です。



【業績】
四季報で確認できる13年5月期~15年5月期は売上も利益もそれほど伸びていません。先月発表された16年5月期決算はかなり好調でしたが、17年5月期はその反動か大幅減益の予想です。

まだ小さな会社なので、年度ごとに売上は波があるのでしょうね。



【財務】
自己資本比率:85.6%

ネット関連企業ということもあり、有利子負債ゼロのキャッシュリッチです。



【配当・優待】
配当利回り:0.5%
優待利回り:0~117%

◇優待内容

権利確定月:5月

1株以上 株主優待券1枚

※自社指定歯科医院にて術前検査費用5,000円割引およびインプラント1本埋入につき50,000円割引 


まだ小さい企業なのでこの配当は仕方ないですね。

優待はインプラントしない人には関係ないもので、使いづらいです。ただ、これは社内でも十分認識しているようで、今後変わる可能性もあるとのこと。



【チャート】
5月の末に上方修正を発表して急伸し、7月半ばに次期の予想が低かったため急落、というチャートです。ここ二年くらいは400~600円のレンジに見えますね。

去年の半ばから緩やかに上昇トレンドっぽくなってきていたのですが、5月に上げてしまったのが余計でした。ここが天井になって下降トレンドになるのか、調整してからまた上昇トレンドに戻れるのか…と、言ったところでしょう。



【感想】
IRセミナーで聞いた銘柄第3段です。個人的には、小型のニッチトップとしては業績に勢いがないのが気がかりです。

とは言え、事業内容はいいと思うのでチャンスがあれば買いたいのですが、PERもそれほど安いわけではありません。狙ってる人も多い銘柄なのでしょう。

セミナーでは、「言えないこともあるが、来期の業績予想はかなり保守的にしている」「1部にも早く上がりたい」など威勢のいい言葉を聞けたので、そこは期待できそうです(´∀`)


エヌ・ピー・シー(6255)はチャートがうまそう。

株日記
08 /09 2016
本日(8/9)の日経平均株価:16764.97(+114.40)

今日も引き続き強かったですね。ドル円も102円台前半で安定し、日銀のこともあって中々売りにくい地合いになっています。

個別で決算がいいものが物色されているようです。



今日の注目銘柄:エヌ・ピー・シー(6255)


市場:東証マザーズ
株価:174
PER:21.8倍
PBR:0.77倍


【業務内容】
特色:祖業は食品用真空包装機。太陽電池の後工程向け装置で大手。太陽電池モジュール受託加工も

太陽光パネルの製造装置から、生産請負、検査・保守、自社ブランドのパネル生産、リユース・リサイクルまで製品・サービスを提供しています。

電力の買取金額の低下などにより日本では設置数がそれほど伸びていないが、アメリカや中国、インドなど新興国でも設置数が伸びており、マーケットは拡大傾向にあります。

モジュール化工程装置で世界一の納入実績があり、ライン一式を一社で提供できるのも当社のみ。ストック性のある検査業務や、これから伸びるであろうリユース、リサイクルなども積極的に手がけています。野外でのパネルの発光試験装置や、パネルをリサイクル際にガラスとセルに分離する装置も世界で唯一の技術です。



【業績】
13年8月期までは大幅な赤字です。これについては何の説明もなかったのでよくわかりません。14年8月期以降は小幅ながら黒字。

ちなみに、14,15年度は売上に部材費も含まれていたので売上高だけが高くなっていますが、利益自体は変わりません。



【財務】
自己資本比率:56.4%

利益剰余金はマイナスですが、自己資本比率は低くありません。

現金と借入金を見ても、16年3Qの時点で長期借入金はすでに返済済み。短期借入金も減らしているとのことで、特に心配はなさそうです。利益剰余金のマイナスも徐々に少なくなっています。



【配当・優待】
配当利回り:なし
優待利回り:なし

利益剰余金がプラスにならないと配当は厳しいでしょう。



【チャート】
今確認できるチャートでは、2008年の半ばに3325円の高値をつけて、超長期の下降トレンドです。ただ、2013年頃からほとんど動いておらず、株価は底ばいの状況です。業績が明確に回復の兆候を見せれば上がるでしょう。

また、完全に見捨てられたというわけではなく、一年に一度くらいは急騰もあるようなので、安易に飛びつかないほうがいいかも。



【感想】
昨日に引き続き、日本証券アナリスト協会主催のIRセミナーでお話を伺った銘柄です。正直、判断に困りました。

ニッチトップでマーケットは拡大傾向なのですが、いかんせん業績が不安定。太陽光発電関連はその時々の政府の政策に左右される面があるので、中々業績の見通しも立てづらいんですよね…。

チャートの形は、「仕込んでくれ!」と言わんばかりなのですが…。一単元も安いですし。

①少し買って、吹き上がったら売る。
②業績がもう少し回復するまで待つ。

の、どちらかでしょうか。


エレコム(6750)はポケモノミクス+円高メリット株。

株日記
08 /08 2016
本日(8/8)の日経平均株価:16650.57(+396.12)

今日は終始強かったです。先週末の雇用統計が良かったことで欧米市場が株高になり、円安に振れたのが要因でしょう。

日経平均は大幅高、二部・ジャスダックが小幅高、マザーズが大幅安とハッキリ明暗が分かれています。

個別でも決算によって大幅高・大幅安と素直に反応していますね~。



今日の注目銘柄:エレコム(6750)

市場:東1
株価:2228
PER:16.7倍
PBR:3.81倍


【業務内容】
特色:PC周辺機器大手。マウス、キーボード首位。スマホ周辺機器も強い。ファブレス経営。海外強化


PCスマホ関連以外にも、ヘルスケア関連などが好調。

  1. ロジテックINAソリューションズ
  2. ハギワラソリューションズ
  3. 日本データシステム

のグループ会社3社と連携し、エンベデッド事業にも力を入れていくとのことです。


2Q以降でも、

  • VRの新商品を投入
  • iPHONE7が9月発売
  • Bluetooth関連製品(新規格?)の発売
  • 堅牢タブレットの発売
  • モバイルバッテリー(ポケモンGO関連)
  • 法人向けNASの新製品投入
  • 小型フォトプリンタ分野に参入

と、材料豊富です。



【業績】
ここ数年は、売上高も利益も順調に成長しています。来年度もさらに業績は伸びる見通し。経常利益率10%以上というのは、同業他社に比べてかなり優秀。

来期以降は物流センター移転の効果が発現してくる。

円高メリットが大きく、1円円高に振れると1.6億円の原価を押し下げる効果があるとのこと。ちなみにベースは113円で計算しているとのことで、このままの為替水準で行くと上ブレ余地が大きいか。


【財務】
自己資本比率:50.6%

有利子負債ゼロで現金も豊富。資金回転日数も短いらしく、財務に関してはなんの不安もなさそうです。



【配当・優待】
配当利回り:1.8%
優待利回り:1.8%


◇優待内容

権利確定月:3月, 9月

100株以上 1,000円相当のクオカード

(3月のみ)  自社製品(PCサプライ製品・デジタル機器関連製品等) 
100株以上 2,000円相当
1,000株以上 5,000円相当


最近のポケモノミクスでかなり上がってしまいましたが、まだ3%以上の優待配当利回りがあります。配当性向3割が目安だと言っているので、さらに増配されていく可能性もあります。

優待も、年二回1000円のクオカードに加え、使いやすい自社製品と個人的には文句なしです。



【チャート】
長期で見ればものすごく綺麗に上昇トレンドを描いているのですが、短期ではこの間のポケモンGO相場で一旦天井を付けた格好になってしまいました。

とは言え、中長期では上昇トレンドは継続しているので、75日線あたりを目処に買っていってもいいかもしれません。




【感想】
今日は日本証券アナリスト協会主催のIRセミナーに行ってきたのですが、そこでこのエレコムの説明も受けましたので取り上げてみました。

PCやスマホの周辺機器を見に行くと目にする機会の多い企業ですが、投資先としてもなかなかよさそうです。…と言うか、前に一度売買したことがあるのですが、その時は微益で撤退してしまい、そのあと爆上げ…本当に見る目がありませんorz

最近は円高メリット株として、円高に振れた時に買われる銘柄になっていますね。大きく円安に振れたときは業績にも影響があるのは覚えておいたほうが良さそう。

PCスマホ周辺機器のマーケットは大きいですし、業績も好調。財務も磐石。ただ、今の株価はさすがに割高な気が…。

PER13.5倍、配当優待利回り4.4%となる1800円くらいで買いたいです。できれば。


                ↓セミナーのお土産のイヤホン





イオンモール(8905)は下降トレンド継続か?

株日記
08 /05 2016
本日(8/5)の日経平均株価:16254.45(-0.44)

今日は終始小動きでした。終値もほぼ前日と変わらず。

週末であることに加えて、雇用統計もありますから、もっと手仕舞いの下げがあっても良さそうに思えましたが…。

日銀が実際に買い支えたのか、買い支え期待で下げないのか。そのおかげで225銘柄などは底堅くなりそうですし、安くなれば買いでいいのかもしれません。

…小型株も支えてよ日銀さんorz



今日の注目銘柄:イオンモール(8905)

市場:東1
株価:1295
PER:10.9倍
PBR:0.87倍



【業務内容】
特色:イオンのSCデベロッパー子会社。07年ダイヤモンドシティと合併。モール型で圧倒的シェア

イオンやダイエー関連の不動産を管理する唯一無二の企業。ショッピングセンターでは日本一のイオンですが、これからどこまで伸びるかは意見の分かれるところです。

セブンアンドアイの好調さに見られるように、大型SC<コンビニと考える人も多いです。人口減少社会ですしね…。

不動産業界としては不動産価格の高止まりで、これからはむしろ値下がりが心配されていますが、割高な東京以外にも物件が多いので、ある意味リスク分散はできているのではないかと。



【業績】
ここ数年は増収増益基調です。ただ、売上高は順調に伸びているのに利益はそこまで伸びてないですね。用地の取得など投資に回しているのでしょうか?



【財務】
自己資本比率:34.2%

不動産銘柄としては優秀。



【配当・優待】
配当利回り:2.1%
優待利回り:2.3%


◇優待内容

権利確定月:2月

イオンギフトカードまたはカタログギフト 
100株以上  3,000円相当
500株以上  5,000円相当
1,000株以上 10,000円相当


優待+配当で4.4%は結構いいですね。贅沢を言うと、優待を半額にしてもいいので年二回にしてもらえると保有しやすいです。一回だと2月の権利落ちがキツイので…。



【チャート】
長めのチャートを見ると、2014年の年初あたりから下降トレンドです。半年のチャートでも下降トレンドですね…。

ここ1ヶ月くらいは1200~1400のボックスっぽくなっていて、下げ止まりの兆候にも見えます。ただ、長期にわたる完全な下降トレンドですので、安易に「落ちるナイフ」を掴みに行かないほうがよさそう。



【感想】
チャートのインパクトが大きくて、「さすがに下がりすぎだろう」と思って買ってしまいそうになりますが、親会社のイオン自体が不調ですし、大型SCのビジネスも不透明だと思うので、安易に買うのは危険です。

ただ、すぐに大きく業績が落ちるということはないと思うなら、指標的にも割安ですし、インカムを貰いながらのんびり値上がりを待つ、というスタンスでもいいかもしれません。



ダイイチ(7643)が決算通過。

株日記
08 /05 2016
本日(8/4)の日経平均株価:16254.89(+171.78)

今日は後場から急に上げてきましたね。大口のインデックス買いとか、日銀か年金が買ってるとか色々言われてましたが…。

日経225・JPX400・TOPIXは上昇、東証二部・マザーズ・ジャスダックは下落。僕のような小型が主力の個人投資家には厳しい相場でした。また含み損が…orz



今日の注目銘柄:ダイイチ(7643)

市場:JQS
株価:1115
PER:7.8倍
PBR:0.7倍


【業務内容】
特色:北海道の食品スーパー。帯広地盤で旭川、札幌にも展開。13年夏にヨーカ堂と資本・業務提携

北海道のスーパー事情は正直わかりません(^_^;)



【業績】
ここ数年は売上、利益ともに上昇基調。今日発表の3Q決算も好調で、営業利益は86%、純利益は91%の進捗



【財務】
自己資本比率:54.3%

同業のイオン北海道や北雄ラッキーに比べてかなり優秀。



【配当・優待】
配当利回り:1.6%
優待利回り:0.9%

◇優待内容

100株以上 1,000円相当  VJAギフトカード
500株以上 2,000円相当  VJAギフトカード
1,000株以上 4,000円相当の自社商品券またはVJAギフトカードまたは北海道特産品


優待配当利回りが2.5%というのはインカム重視派としてはちょっと残念。いや、普通に見たら十分高いんですけどね(^_^;)



【チャート】
去年の夏に大きく上昇したあと調整していましたが、1000円前後で下げ止まった格好です。

ここ半年くらいは上下ブレはあるものの、概ね上昇トレンド。このまま節目の1100円を抜けて行けば去年の高値(1400円)もありえるかも。

逆に1100円で押し戻されると、ただの1000~1100のボックスっぽくなってしまいます。




【感想】
個人的にはもう少し利回りが欲しいけど、PER・PBRは結構割安だと思います。決算を無事通過し、目先の不安材料も無くなったので物色されるかもしれません。

昇格期待も高い銘柄ですので、とりあえず買ってもいいかと。

9月の優待権利前に売り抜けるのもありですね。

まんだらけ(2652)買い増しチャンス?

株日記
08 /03 2016
本日(8/3)の日経平均株価:16083.11(-308.34)

今日も大きく下げましたね。前日の欧州・米国マーケットの下落、原油安、円高などなど悪材料だらけです。

夏枯れ相場のイメージも相まって、買う人がいない相場になっているのでしょうか?



今日の注目銘柄:まんだらけ(2652)

特色:漫画専門古書店の最大手。アニメ原画・玩具販売も。独自の値付け・鑑定で市場影響力大
市場:東証二部
株価:600
PER:6.11倍
PBR:0.68倍


【業績】
1年ごとで見ると、13年9月期以降は停滞していますが、下がってはいないように見えます。ただ、今年度の2Qまでの進捗率や月ごとに公表される売上高報告が少し低調でしょうか。


【財務】
自己資本比率39.6%と悪くないですが、有利子負債が利益剰余金の倍ほどあります。3313ブックオフや7610テイツーも同程度なので、業界的なものかな?


【チャート】
今年に入ってからは600~700円くらいでの推移しています。少し下降トレンドでしょうか。

長めのチャートを見ても、600円前後と700円前後に節目があるのは明らかです。600円前後で買って700円前後で売ればいいのかな?


【優待・配当】

配当利回り:0.2%
優待利回り:6.7%

◇優待内容

権利確定月:3月, 9月


100株以上

自社発行隔月刊誌「まんだらけZENBU」 

自社優待券 

100株以上 2000円相当
500株以上 4000円相当
1000株以上 7000円相当
5000株以上 10000円相当)


最近、優待が拡充されてかなり良くなりました。まんだらけで買物される方にはかなりお得だと思います。僕もまんだらけにはよく行くので、優待券が届くのが楽しみです♪


【感想】
東証二部で優待の拡充があったので、一部昇格期待が高まり、株価が上昇しましたが、また元の位置に戻ってしまいました。こういう時こそチャンスと思って買い増しの機会を伺っています。

この銘柄だけで言えば600円割れは買っていい位置だと思うのですが、最近の業績の低迷と、マーケットの地合いの悪さから中々買いに行けないんですよね。いっそのこと、またブリグジットの時のような大きな下げが来たら買えるんでしょうけど…。


アイ・アールジャパンホールディングス(6035)の上値が重い。

株日記
08 /02 2016
本日(8/2)の日経平均株価:16391.45(-244.32)

債券市場の急落NYダウや原油の下げなどの要因で今日の東京市場は軟調。

しばらく上げ続けでしたし、さすがに調整でしょうか。

日銀会合や内閣改造、都知事選なども通過し、出尽くし感もあるようです。



今日の注目銘柄:アイ・アールジャパンホールディングス(6035)

市場:JQS
株価:781(+19)
PER:13.58倍
PBR:2.34倍
配当利回り:3.59%
優待利回り:―



【事業内容】
その名のとおりIR関連の企業ですが、SR(株主情報)関連という聞きなれない業務に強みがある模様。

コーポレートガバナンスコードなどの影響で、SRに力を入れる企業が増えるかもしれません。
もしそうなれば、SRノウハウで優位になるこの企業は強いと思います。



【業績】
ここ数年はかなり綺麗に増収増益で来ています。
文句なし。



【財務】
自己資本比率77.6%
有利子負債の15倍の利益剰余金があり磐石。



【チャート】
上場直後に吹き上げて、その後ダラダラ下がる典型例のようなチャート。
今は指標的にも割安で、7/29の1Q決算で吹き上げて最悪期は脱しそうな勢いです。

ただ、800円あたりに節目がありそうで上値は重いかも。
上場直後の上昇も800円あたりからスタートしており、そこより上で買った人が売ってくるのでしょう。

なので、ここ数日も場中に大幅上昇しては売られて上ヒゲをつける格好になっています。
見た目的にも、「ここ(800円)が結構重いなあ」という印象を与えますね…。



【感想】
指標・業績・財務トータルで考えると、「結構割安じゃないかな?」という印象です。
ただ、業務の内容がイマイチよくわからないので、不安はあります。
SRとか初めて聞きましたし(^_^;)

優待はなしで、分割や分売もやってないようなので、今のところ一部昇格は望み薄かと思います。


まあ、個人的には先週に600円台で何度か指値に届かなくて悔しい思いをしていまして…。
今からこの価格で買うのはものすご~く嫌なんですよね…


一蔵(6186)が決算通過で上昇。

株日記
08 /01 2016
本日(8/1)の日経平均株価:16635円(+66円)


先月末の日銀会合の影響か、東一の大型株が底堅い値動きでした。1ドル=102円台まで円高が進んでいるのにこの株価は…。日銀のETF買い発表で大型株が物色されたのでしょうか?



本日の注目銘柄:一蔵(6186)


東証二部の和装事業がメインの企業。2015年12月に上場したばかりです。

上場後の下げが一段落し、株価は上昇基調になりつつあります。

「和装業界は市場規模が縮小傾向で買いにくい」と個人的には思ってしまうのですが、そういう衰退傾向にある業種から面白い企業が出てくることが多いとも聞きます。ホームページを見た感じでも、若者向けの店舗であったり、レンタルや低価格路線でほかの企業と差別化しているようです。ほかの和装関連企業(日本和装・京都きもの友禅・さが美)などと比べても、業績の伸びは一番で、これからも期待できそうです。

17年3月の予想配当が35円で、今日の終値ベースでも3.8%程度と高配当。優待もあります。予想PERが8倍以下、PBRが1倍程度と割安。東証二部ということで一部昇格期待もありますし、良い銘柄だと思います。

…とは言え、1Q決算通過で今日7.52%も上昇してしまいました。ここから買いに行けるかどうか、しっかり判断したいですね。


加藤バネ男

株主優待や高配当の銘柄が大好き。 薄く広く銘柄を所有し、塩漬けにするのが得意(^ω^)