イフジ産業(2924)はいいディフェンシブ銘柄。

株日記
09 /12 2016
本日(9/12)の日経平均株価:16672.92(-292.84)

先週末、ボストン連銀総裁が講演で早期利上げを示唆する発言をしたことで、ダウが400ドル近い暴落した流れから、今日の東京市場も200円ほど下落して開始。為替は1ドル=102円台を維持し、日銀のETF買いもあったものの、結局300円近い下落となりました。

300円も下げたのは久しぶりな気がしますね。日銀のETF買い入れ額増額発表以降、下値は硬かったですから。今日も700億程度買っているようですが、一日の買い入れ額を増額しないとそろそろ厳しいかも…。


個別では小田原エンジニアリング(6149)が強いですね。こんな地合いでも連日の大幅高。EV関連で伸びているのでしょうが、すごいです。



今日の注目銘柄:イフジ産業(2924)

特色:液卵製販2位の企業。全国4工場体制。

市場:東証二部/福証
株価:549
PER:10.3倍
PBR:1.0倍
自己資本比率:46.8%
配当利回り:2.9%
優待利回り:1.1%(100株)

◇優待内容

権利確定月:3月, 9月

たまごギフト券(100円)
100株以上 3枚
1,000株以上 12枚



【業績・財務】
ここ3年くらいは増収増益基調。その前は売上高は低いものの、利益率が高かったようですが、会社側の説明を聞くとどうやら鶏卵相場の変動によるものらしいです。鶏卵相場によって、「売上高↑・利益率↓」から「売上高↓・利益率↑」まで業績のパターンがあるようです。仕入れ価格と販売価格の関係ですね。結果として、利益の額自体はそこまで変動しないようです。

今期は小幅な減収増益を見込んでいますが、1Q決算は大幅な増益。半期決算を見ると増益方向ですので、期末に向けて利益は縮むと予想されているのでしょう。想定内の数字でしょうか?

財務はまずまず。流動資産>流動負債です。



【配当・優待】
配当性向は25~30%目標。現在PER10倍程度なので、配当利回りも3%くらいです。

優待は使いにくいと評判の「たまごギフト券」です。今回初取得なので、使いにくさを味わってみたいと思います(^_^;)



【チャート】
ここは2013年くらいから、多少の上下はありつつもほとんど500円台での推移です。これぞディフェンシブといった感じ。2015年のチャイナショック前に一度大きく上げましたが、その後はまた500円台の推移に戻っています。

もう少し短いチャートで見ると、今年二月の下げから上昇トレンドでしょうか。主だった移動平均線は上を向いてきて、また600円近くまで上げるかもしれません。



【感想】
今日IRセミナーを聞いてきた銘柄です。今年取得した銘柄で、9月の権利をまたげば初取得ということになります。

ここは地味ですがいい企業という印象です。液卵はこれから需要の拡大が見込まれる市場ですし、鶏卵の価格変動にもある程度対処できるので正しくディフェンシブ銘柄。過去の株価推移もそれを物語っています。

今日のセミナーで社長がふと「東証二部と福証に上場していますが、もっと上を目指して…」と何げにおっしゃったので、もしかしたら一部昇格もあるかもしれません。ただ、株式の流動性については市場に任せるというような感じで、分割や分売には積極的でなさそうでした。あくまでも業績の伸びで、ということでしょうか。まあそれが本来の姿かもしれませんが…うーむ。



オーナンバ(5816)はよくわからん。

株日記
09 /09 2016
本日(9/9)の日経平均株価:16965.76(+6.99)

昨晩のECB理事会で金融政策の現状維持が決まったことを受けて、為替は円安に振れていますが、日経は冴えない値動き。相変わらず日銀が睨みを聞かせているため底値は硬いですが、上値を追う勢いもないという状況です。

今日は昼にコナカ(7494)から特別損失の開示が出ましたね。内容は為替や有価証券の評価損、店舗減損損失などでした。結構な額のマイナスですが、売上高や営業利益はまずます計画通りなので、そこまで株価は下がりませんでした。優待ありの高配当銘柄ですし、買いたい人がいるんでしょうね。



今日の注目銘柄:オーナンバ(5816)

特色:産業・民生用ワイヤハーネスの大手。太陽光発電配線ユニット(PVU)も強い。

市場:東証二部
株価:387
PER:13.5倍
PBR:0.32倍
自己資本比率:49.5%
配当利回り:2.6%
優待利回り:1.3%(100株)

◇優待内容

権利確定月:12月

クオカード
100株以上 500円相当
1,000株以上 2,000円相当



【業績・財務】

2014年度に決算期を変更しているのでわかりにくいですが…。ここ数年は売上高はそれなりに伸びていますが、利益が不安定

8/5に開示された2Q決算を見てみると、営業利益・経常利益は前期比大幅プラスなのに純利益はマイナス。為替差損や特別利益の減少・特別損失の増加、「非支配株主に帰属する四半期純利益」の増加などが要因としてありますが、これが一時的なものなのかどうか…。

財務はまずまず。流動資産は流動負債の倍あります。手形や売掛金が多いですがまあこんなもんでしょう。



【配当・優待】
配当はまずまず。業績に関係なくほぼ10円配当が続いています。現在の一株益だと配当性向30%程度。

優待も一応あって、年一回の500円クオカードです。東証二部で優待アリだと昇格を期待していしまいますが、どうでしょう?いくらでもできるタイミングがあったような…。



【チャート】
2014年の後半に高値をつけて、以降は下降トレンド。

ただ、やっと下げ止まりの傾向を見せています。主だった移動平均線はほとんど横ばいか上向きになり、株価も線の上に出てきました。
節目の380円を超えたところですので、このまま上昇していけるか注目です。



【感想】
正直よくわからない銘柄ですが、PBRが安いですし、「さすがにもう反転するだろう」となんとなく思ってます(^_^;)

昇格はあまり期待できないですが、優待配当利回りもまずまず。12月権利までに上がってくれればいいかなという感じでちょっと持つのもアリでしょうか。




アートグリーン(3419)はもう買っていい?

株日記
09 /07 2016
本日(9/7)の日経平均株価:17012.44(-69.54)

昨日23時に発表された8月の米ISM非製造業総合景況指数が51.4と低調だったためか、昨晩から円高が進んでいます。日経平均もその影響を受けて100円以上値下がりして始まりましたが、日銀のETF買いの期待などから徐々に下げ幅を縮め、結局70円程度の小幅安で引けました。

ドル円は昨日から2円以上動いていますが、日経がこの程度のボラティリティで済んでいるのは間違いなく日銀のおかげ(せい?)ですね。良いのか悪いのかわかりませんが…。

今日も日経平均やTOPIXはマイナスで、二部・JQ・マザーズはプラスです。特にマザーズは2%近くの上昇。新ゲームの事前登録が好調なアルファポリス(9467)や、新型iphone関連とされるappbank(6177)などが堅調で、そーせいグループ(4565)も久々に大幅高になっています。



今日の注目銘柄:アートグリーン(3419)

特色:神奈川、千葉、山梨に提携農園を所有する生花卸。胡蝶蘭が売上の6割強を占める。

市場:名証セントレックス
株価:776
PER:17.9倍
PBR:2.61倍
自己資本比率:56.4%
配当利回り:0%
優待利回り:未実施




【業績・財務】
ここ数年の業績は、売上高は順調に伸びているものの、利益の伸びがイマイチ。四季報の予想では今期と来期は大幅増益になっていますが、達成できるかどうかは不透明です。

9/5に開示された3Q決算は、前期比で売上高は微増、利益面は2~4割減といった内容でした。通期に対しての進捗率も5~6割程度と厳しいです。

減益の原因としては、①人員の増強による人件費の増加、②配送、宅配運賃の高止まりによる荷造運賃の増加、③株式公開費用の3つが挙げられています。①と③は一時的なものかもしれませんが、②はどうなるかわかりませんね…。



【配当・優待】
まだ配当や優待を出せる状況ではないです。



【チャート】
半年ほど横ばいでしたが、6月に上昇トレンド入り。8月に高値をつけて調整中といったところでしょうか。13週線や75日線で止まるか注目です。



【感想】
6月に「がっちりマンデー」で紹介され上昇トレンドになり、8月の名証IRエキスポで天井という感じでしょうか。

8月の高値を見ていると、今の調整局面は割安に感じてしまうのですが、指標的にはまだ割高…。まあPER20倍は切っているので、来期以降の業績の伸びに期待するなら買える水準かも。


ビーアールホールディングス(1726)は分割後の優待がすごい。

株日記
09 /06 2016
本日(9/6)の日経平均株価:17081.98(+44.35)

売買代金低調で小幅続伸の東京市場。先週は雇用統計待ちでしたが、今週はMSQです。材料も乏しいし、小幅な値動きの閑散相場のまましばらく行くかもしれませんね。

日経平均が小幅高の割には監視銘柄に大幅高が多いような…と思ったら、今日は二部・JQ・マザーズ指数のほうが日経平均よりも上げ幅が大きいんですね。最近は、日銀のおかげで日経平均の方が強いイメージだったので意外でした。マザーズが元気なのはなんか嬉しい。



今日の注目銘柄:ビーアールホールディングス(1726)

特色:西日本地盤のPC橋梁中堅。M&Aで関東、東北へエリア拡大。

市場:東証一部
株価:416
PER:23.6倍
PBR:2.63倍
自己資本比率:16.1%
配当利回り:1.0%
優待利回り:2.4%

◇優待内容

権利確定月:3月, 9月

オリジナル・クオカード
100株以上 500円相当
1,000株以上 2,000円相当
10,000株以上 3,000円相当



【業績・財務】
ここ数年は増収増益基調でしたが、16年3月期が結構減益です。会社計画では、今期V字回復の予定ですがどうでしょうか。

8/5開示の1Q決算は前期比でかなり赤字が縮小しており、順調そう。ただ、半期の予定の出していませんし、かなり季節性変動が大きいようです。そういう意味では安心できません。

財務はいいとは言えません。流動資産と流動負債はほぼ同額ですが、現金は少なく、未収金や手形が多いです。まあ建設業ならある程度は仕方ないでしょうが…。自己資本比率も、同業のコーアツ工業(1743)ピーエス三菱(1871)に比べて低いです。



【配当・優待】
現在、配当優待利回りは3.4%ですが、9月末で株式の2分割が行われ、その後は5%を軽く超える予定です。優待が分割後も維持され、20000程度の投資で500円のクオカードが年二回なので結構お得だと思います。



【チャート】
5年チャートなどを見ると、意外にもまだ上昇トレンドは崩れていないように見えます。52週線がしっかり上向きで、それに支えられている形でしょうか。

もう少し短い期間のチャートだと、今年4月の上げが目立ちます。ここが天井で、下降トレンド移行かと思いきや緩やかに上昇中、といった感じです。



【感想】
正直、指標だけ見ると全く良いところはありません。自己資本比率も低い。ただ、先月発表された分割と優待拡充が…。
もう東証一部にも昇格しましたし、なぜこんなに太っ腹な優待にするのでしょうか?

うーん、分割後に安くなったことろを買うか、分割前に買ってひとつ売るか…迷います。


コシダカホールディングス(2157)はちょっとアレ

株日記
09 /05 2016
本日(9/5)の日経平均株価:17037.63(+111.95)

やっと17000円を超えましたね!5/31以来の約3ヶ月ぶりらしいです。ただ、ザラ場中は17150円まであったのですが、引けにかけて上げ幅を縮めてしまいました。為替が円高方向に進んだのが原因でしょうか。黒田さんの講演での発言が影響したようです。

個別では商船三井(9104)、日本郵船(9101)などの海運株が上昇しています。保有船腹量で世界第7位の韓進(ハンジン)海運が経営破綻したことから、他の海運銘柄に利益が行くということなのでしょうか?



今日の注目銘柄:コシダカホールディングス(2157)

特色:『カラオケ本舗まねきねこ』を直営展開、女性フィットネス『カーブス』をFC展開。

市場:JQスタンダード
株価:1752
PER:13.4倍
PBR:2.35倍
自己資本比率:41.7%
配当利回り:1.7%
優待利回り:4.6%(100株)

権利確定月:8月

100株以上 5,000円相当の株主優待券

※自社グループ運営カラオケ・温浴施設で利用可(一部除外店舗有)。1回あたりの利用可能枚数は施設により異なる。GW・年末年始・お盆時期等は利用不可。他のサービス券との併用不可

カタログギフト
100株以上 3,000円相当
1,000株以上 5,000円相当



【業績・財務】

ここ数年は売上高は順調に伸びているものの、純利益が横ばいです。6/30に開示された3Q決算では売上高は前期比で1割ほど伸びているものの、利益が前期比マイナスです。今期の計画に対する進捗率は75%弱ですか…うーん、微妙。

カーブスは順調そうですが、カラオケや温浴がどこまで盛り返せるかですね。個人的にワンカラなどの一人カラオケは嫌いじゃないんですが、どうしても割高になってしまうのがネックだと思います。なので、何か付加価値をつけることが必要でしょうね。

財務はまずまず。流動資産>流動負債なのでまあOKかと。



【配当・優待】
配当は低いです。その代わり優待が豪華…と言いたいのですが、系列店舗で利用できる優待券と額面の信用できないカタログギフトなのでアレです。

額面では優待配当利回り6.3%と高いですが、あまり真に受けないほうがいいですね。しかも2種類の優待が両方とも8月権利なので、権利落ちがすごいことになりそうです。なんで2月と分けないかな…。



【チャート】
5年や10年の長期チャートでは、上昇トレンドだったのが去年の夏に天井をつけて、そろそろ下降トレンド転換にか?といった感じに見えます。

ここ1年だけで見ると緩やかな下降トレンドでしょうか。直近の1ヶ月は急落して2月の安値1675に迫っています



【感想】
1年くらい前からチェックしている銘柄ですが、当時は業績も好調で、分割→優待維持で東証一部上場間近か?と期待に胸を膨らませていました。株価も3000円くらいだったでしょうか。

今でもそれほど業績が悪くなったわけではないですし、依然として一部昇格候補ではあります。株価も下がってきていい感じなのですが、まだ若干指標に割高感が残っているのが…。

もう少し株価がオーバーシュートして、皆が総悲観になったら買いたい銘柄です。


エムアップ(3661)が優待新設。

株日記
09 /02 2016
本日(9/2)の日経平均株価:16925.68(-1.16)

今日も相変わらず、閑散で小動きな東京市場でした。今晩の雇用統計待ちですね。個人的にはもう少し下げるかと思いましたが、日経平均はほぼ変わらずでした。

個別では、昨日2Q決算を発表したピープル(7865)が大きく下げています。乳幼児向け知育玩具の企画開発の会社ですが、配当性向が100%と高配当が期待できる銘柄です。以前から注目はしていたのですが、ここまで下げるとちょっと買いたくなりますね…。



今日の注目銘柄:エムアップ(3661)

特色:社長がレコード会社出身のITベンチャー。歌手等のファンサイト運営が柱。CDなど物販も。

市場:東証一部
株価:577
PER:14.1倍
PBR:2.20倍
自己資本比率:69.7%
配当利回り:3.8%
優待利回り:1.7%

◇優待内容

権利確定月:12月, 6月

100株以上 オリジナルのQUOカード500円分



【業績・財務】
ここ数年は売上高・利益ともにほぼ横ばい。8/12に開示された1Q決算は、2割ほどの減益でした。

売上高が前期比6%のマイナスなのに対して営業利益が22.8%のマイナスになっているのですが、損益計算書を見ると売上原価が上がっているのが原因のようです。なぜ原価が上がっているのかは、ちょっとこの決算短信では読み取れませんでした…。

財務はいいですね。現金及び預金で負債全体を賄えます。有利子負債ゼロです。



【配当・優待】
今期の予想EPSが41円で、予想配当が22円ということなので配当性向は50%を超えます。ここ数年、業績は停滞気味ですが連続増配しているんですね。現金は持っているようなので、株主還元を重視しし始めたのでしょうか?

優待は無かったのですが、昨日(9/1)に新設が発表されました。年二回500円のクオカードです。配当と合わせると利回りは5.5%にもなります。



【チャート】
2013年の5月に天井を付け、以降はリバウンドを繰り返しながらも下降トレンド、という感じのチャートです。ここ一年くらいは450~650円のボックス相場です。

昨日の優待新設で株価が75日線の上に出てきたので、このまま上昇していけるかどうか、と言ったところですね。



【感想】
持ち株です。10時頃に株価を見たら、思ったより上がってなかったので指値を入れていたら約定していました。指標的にも利回り的にもこのくらいならいいかなと。

まあ優待新設といってもすでに一部の企業ですし、昇格は無いのですが…。LINE関連銘柄として時々急騰していたのですが、LINE自体上場していましましたし。

優待と配当を貰いながら、何かの間違いで急騰するのを待つことにします(´∀`)



カンダホールディングス(9059)はまだ昇格しないの?

株日記
09 /01 2016
本日(9/1)の日経平均株価:16926.84(+39.44)

雇用統計を控え、今日も小幅な値動きでした。1ドル=103円台の推移し、17000円回復はまたもお預け。下値は硬いが上値も重いという雰囲気です。売買代金もそれほど伸びず、とりあえず雇用統計待ちといったところでしょうか。

原油ブル(2038)-5.43%と大幅安です。WTI原油が下がっているようですが、JXホールディングス(5020)など関連銘柄への影響は軽微のようですね。




今日の注目銘柄:カンダホールディングス(9059)


特色:東京・神田の運送全社統合で発祥、出版物共配に特色。医薬品等3PL、物流センター業務代行
市場:東証二部
株価:751
PER:7.8倍
PBR:0.5%
自己資本比率:40.9%
配当利回り:2.7%
優待利回り:1.3%

◇優待内容

権利確定月:3月

図書カード
100株以上 1,000円相当
500株以上 2,000円相当
1,000株以上 3,000円相当
2,000株以上 4,000円相当
3,000株以上 5,000円相当


【業績・財務】
ここ数年は順調に増収増益です。16年3月期が好調で、今回はそれを下回るも高水準を維持の予想。8/1に1Q決算と同時に業績の上方修正が発表されています。

最近の為替相場の乱調で、国際物流関連銘柄は厳しい決算を出すところが多い印象ですが、ここは悪くないですね。比率がそれほど高くないのもあるでしょうが、これからも影響はないのでしょうか?ちょっと注意したいです。

財務はまずまず。流動資産>流動負債で自己資本比率40%と問題ないでしょう。



【配当・優待】
配当性向は2割くらいのイメージでしょうか。記念配や特別配以外は業績に連動しているように見えますので、業績に注意ですね。

優待は図書カードですが、図書カードは図書カードNEXTになるらしいですね。ネットで残高確認など色々できるようになるようですが、なぜ有効期限がついたのか…。この変更を受けて、一部図書カード優待だった銘柄が優待を変更したりしています。ここはどうでしょう?



【チャート】
5年や10年などの長期チャートを見ると、ここ3、4年で急上昇しているのがわかります。

1年や半年のチャートだとブレは大きいですが横ばい?主だった移動平均線も横向きで、ちょっとこれからどっちに行くのかわかりにくいです。直近の2ヶ月くらいは下値を切り上げつつ上昇トレンドに見えますが…。



【感想】
保有銘柄です。この会社は株主優待を何度か拡充しているんですよね。東証二部ですし、昇格を狙えると取得したのですが、まだ昇格していません。

まあ、そこそこ配当優待利回りもいいし指標的にも割安で、持っている分にはストレスはありませんが…。

加藤バネ男

株主優待や高配当の銘柄が大好き。 薄く広く銘柄を所有し、塩漬けにするのが得意(^ω^)