あじかん(2907)はこの利益率を維持できるの?

株日記
02 /14 2017
本日(2/14)の日経平均株価:19238.98(-220.17)

今日の日経平均は200円以上の反落。昨晩も欧米市場は堅調でしたが、利益確定売りが出たのか上値が重い展開に。後場は「フリン米大統領補佐官の辞任の報道」や「イエレンFRB議長の議会証言を控えた手控え」などで下落したようです。

個別では、U-NEXT(9481)USEN(4842)がいずれも15%を超える大幅高U-NEXTがUSENをTOBし、経営統合するようです。461円でTOBされるUSENはともかく、U-NEXT側も大幅高です。もともとU-NEXTはUSENの一事業部が独立したもので関係は深いですし、シナジーも見込めるという評価なのでしょうね。



今日の注目銘柄:あじかん(2907)

【基本情報・指標】
特色:卵加工品、水産練り製品など業務用食材が主力

市場:東証2部
株価:1551円
時価総額:119.4億円

PER:10.7倍
PBR:1.1倍
ROE:10.1%
自己資本比率:49.4%
配当利回り:0.8%
優待利回り:0.6%(100株)

◇優待内容

権利確定月 3月

自社製品
100株以上 1,000円相当
500株以上 2,000円相当
1,000株以上 3,000円相当




【業績】
ここ数年は増収傾向ですが、利益面はバラバラです。

2/10に開示された3Q決算はかなり良かったです。上方修正も出ましたね。今期の大幅な利益率の改善は原材料費の低減や自社製品の伸長、為替デリバティブ益などいろいろあるようですが、来期以降この利益率をどこまで維持できるのか不透明なのが気がかりです。



【財務】
財務はあまり良くなさそう。流動比率は124%ほどですが現預金は少なめ。有利子負債も結構ありますね。



【キャッシュフロー】
CFはそれなりに良さそう。フリーCFも出ている期が多いです。



【配当】
配当は12円固定でしょうか。利益はかなり波があるので配当性向もバラバラ。今期あたりだけ見ると配当性向が低ように感じますが、仕方ないですね。



【優待】
優待は自社製品の食品。過去にはごぼう茶やコーヒー、卵焼きなどがもらえたようです。



【チャート】
長期のチャートでみると、去年末に一気にブレイクして急激に上昇しています。すごい角度。

ここ3ヶ月ほどは押し目をつけながらも綺麗な上昇トレンド。25日線がサポートのようなので、ここまできたら押し目買いのチャンスがありそうです。



【コメント】
去年末あたりから急激に上昇した銘柄です。個人的にはもう少し前から「優待アリの2部銘柄」なので昇格候補としてウォッチしていましたが、急激な利益改善一気に株価が雲の上まで行ってしまいました。

今回の上方修正で指標的には割安気味なところまで修正されましたが、さすがに上げすぎな感はありますね…。利益率の改善が、為替や原料の市況など外部環境に拠っているところが気になって買えていません。よく上がるんですけどね(^^;)







コメント

非公開コメント

加藤バネ男

株主優待や高配当の銘柄が大好き。 薄く広く銘柄を所有し、塩漬けにするのが得意(^ω^)