第一交通産業(9035)は苦手なやつ。

株日記
02 /27 2017
本日(2/27)の日経平均株価:19107.47(-176.07)

今日の日経平均は一時19000円割れまであり、土日をはさんで4日続落。先週末に為替が1ドル=112円を割れる水準まで円高が進んだことで大型株が下落しました。ただ、マザーズやジャスダックは上昇しており、大型の資金が小型進行へ流れているということのようです。

個別では海帆(3133)20%以上の大幅高。明日の「ガイアの夜明け」で紹介されるとのことで、数日前から大きく上昇しています。おそらく明日か明後日には出尽くしで下がるのでしょうが…。



今日の注目銘柄:第一交通産業(9035)

【基本情報・指標】

特色:タクシー事業を小倉で創業。同業界最大手。

市場:福証1部
株価:1640円
時価総額:321.6億円

PER:6.4倍
PBR:0.8倍
ROE:11.9%
自己資本比率:22.6%
配当利回り:1.5%
優待利回り:?

◇優待内容

権利確定月 3月 、9月

優待クーポン券
100株以上 1冊
300株以上 2冊
500株以上 3冊
1,000株以上 5冊
2,000株以上 10冊
3,000株以上 15冊
4,000株以上 20冊
5,001株以上 30冊



【業績】
ここ数年の業績はきれいに増収増益

2/7開示の3Q決算はまずまず。前年同期比で2Qとほぼかわらず。進捗率はそれほどでもありませんが、不動産部門の季節性の影響ですのでそれほど心配はないかと。



【財務】

自己資本比率を見ればわかるように、財務はあまり良くないです。流動比率は150%程度、現預金に貸付金を合わせても流動負債合計の半分程度です。有利子負債も1000億近くあり、純利益の20倍ほど…。業績も景気も悪くないうちは心配ないでしょうけど、ちょっと気に留めておきたいですね。



【キャッシュフロー】

CFは期によって少し凸凹していますが、概ね問題なさそう。不動産セクターがあるので、営業CFが小さい期があるようです。



【配当】
ここ数年は増配傾向です。今期も2/7に増配の発表がありました。前期は特配でしたので、今期は普通増配ですね。配当性向は1割未満と低め。…ですが、業績のよさと財務の悪さを考えるとどのへんが適正水準なのかわかりにくいです(^^;)



【優待】
優待はクーポン券とのことですが、タクシークーポン以外にも「通販商品との引き換え」「マイホーム割引」「自動車整備工賃やアクセサリーパーツの割引」「老人ホームの体験宿泊の割引」「ゴルフの割引」などさまざまな割引が受けられる優待のようです。さまざまな事業を展開する企業ならではの優待ですね。



【チャート】
長期のチャートでは2011年ごろから上昇トレンド。2015年末で天井かに思われましたが、今年に入ってそのときの高値を抜いて来ましたね。

ここ3ヶ月は押し目をつけながらの綺麗な上昇トレンドです。25日線がサポートでしょうか。主だった線はすべて上向きで株価もその上にあるという理想的な形。押したら買いで良さそうです。



【コメント】

福証の万年割安銘柄です。業績はいいのですが財務がネック。こういう、M&Aを繰り返して業績を伸ばすタイプの企業はどうしても有利子負債山盛りになるので苦手なんですよね…。

個人投資家の方々も多く保有されているようで、ブログなどでもよく言及されている銘柄です。まねして買おうかしら…。






コメント

非公開コメント

加藤バネ男

株主優待や高配当の銘柄が大好き。 薄く広く銘柄を所有し、塩漬けにするのが得意(^ω^)