一六堂(3366)は買参権持ちです。

株日記
06 /26 2017
本日(6/26)の日経平均株価:20153.35(+20.68)

今日の日経平均は小幅続伸。先週末の米国市場は軟調で為替もそれほど動かず、東京市場も小幅な値動きとなりました。売買代金が1兆7500億ほどと低いのが気になりますね。また、今日はマザーズ指数が大きく上昇し、先週末のリバウンドとなっています。

個別では芦森工業(3526)13%以上の大幅高タカタ(7312)の民事再生法適用申請を受けて、エアバッグの代価需要を見込まれての買いが入ったようです。



今日の注目銘柄:一六堂(3366)

【基本情報・指標】

特色:都内中心に居酒屋を展開。主力は『天地旬鮮八吉』

市場:東証1部
株価:395円
時価総額:34.2億円

PER:11.8倍
PBR:0.7倍
ROE:6.2%
自己資本比率:83.7%
配当利回り:2.5%
優待利回り:―



【業績】
ここ数年の業績は若干の減収減益傾向

4/13に開示された本決算はまずまず。大幅な減損などにより、予想より結構な減収減益での着地となりました。ただ、今期の予想は増収増益です。



【財務】
財務は文句なし。現預金だけで負債総額の倍以上ありますね。



【キャッシュフロー】

CFは良さそう。ほとんどの期で+--、フリーCFも出ています。



【配当】
配当はここ数年は10円固定のようです。配当性向にすると3割ほどと普通。



【優待】
なし。



【チャート】
長期のチャートでは、2013年に一度大きく上昇した後は底ばいといった感じです。

ここ3ヶ月くらいを見てもかなり狭いレンジの横ばいです。出来高も少なく、まったく注目されていない銘柄であることがわかりますね…。



【コメント】
某有名個人投資家の方が買ったという銘柄です。典型的な「安値に放置されている銘柄」で、指標的にも割安、財務・CF完璧、利回りもそこそこあってチャートも悪くないという感じ。

ただ気になるのはやはり業績です。飲食業ということですが、買参権を持ち、高価格帯の店舗を主力とするなど競争力はそれなりにありそう。店舗整理を進めており、それが増益予想につながっているようです。









コメント

非公開コメント

加藤バネ男

株主優待や高配当の銘柄が大好き。 薄く広く銘柄を所有し、塩漬けにするのが得意(^ω^)