アドテック プラズマ テクノロジー(6668)はやっぱり保守的?

株日記
01 /24 2018
本日(1/24)の日経平均株価:23940.78(-183.37)

今日の日経平均は4日ぶり反落。前夜の米国市場はまちまち。ただ1ドル=109円台まで円高が進み、後場は一段安となりました。マザーズ・ジャスダックはプラスと小型が強かったようです。



今日の注目銘柄:アドテック プラズマ テクノロジー(6668)

【基本情報・指標】
特色:プラズマ用高周波電源装置で世界3位。液晶・半導体製造用が主

市場:東証2部
株価:2263円
時価総額:194.3億円

PER:18.8倍
PBR:4.6倍
ROE:24.3%
自己資本比率:53.9%
配当利回り:0.3%
優待利回り:―




【業績】
ここ数年はやや不安定ながらも増収増益傾向。前期の伸びが目立ちます。

1/12に開示された1Qはかなり良かったです。売上・利益ともに3割前後の増加。すでに半期・通期ともに上方修正がきていますね。下期は据え置きのようですが、「部材調達への影響等が懸念される」とする会社側に対し、「会社計画は慎重」とする四季報側。前期の修正パターンを見るとまあアレですね。



【財務】

財務はかなりいいです。現預金+売掛金>負債総額。有利子負債も多くありません。



【キャッシュフロー】

CFはやや不安定。前々期からは安定しているように見えますがそれ以前はかなり悲惨…。



【配当】
配当は近年増配傾向です。配当性向にするとかなり少ない期もありますが、業績がこれだけぶれるとなかなか難しいのでしょうね。



【優待】
なし。



【チャート】
長期では2014年に高騰し、その後長らく調整。2016年後半から再度上昇トレンドと言った感じ。とりあえずは3500円が目標になりそうです。



【コメント】
割安好業績銘柄としてピックアップ。半導体関連らしく、前期から絶好調・来期以降の見通しも明るい感じです。財務・CFともまずまず。

ここはバラスト水関連としても。業績は保守的に出して上方修正する癖があるようです。受注残を見てもまだ上ぶれ余地はありそう。懸念は景気の減速や半導体需要の減少でしょうか。






コメント

非公開コメント

加藤バネ男

株主優待や高配当の銘柄が大好き。 薄く広く銘柄を所有し、塩漬けにするのが得意(^ω^)