日成ビルド工業(1916)は立体駐車場とか。

株日記
02 /21 2018
本日(2/21)の日経平均株価:21970.81(+45.71)

今日の日経平均は反発。前夜の米国市場は下落、為替は円安方向という中、東京市場も方向感の定まらない展開。終値は若干のプラスで引けとなりました。



今日の注目銘柄:日成ビルド工業(1916)

【基本情報・指標】
市場:東証1部
株価:1276円
時価総額:453.7億円

PER:11.2倍
PBR:1.7倍
ROE:15.2%
EV/EBITDA:7.6倍
自己資本比率:34.3%
配当利回り:3.1%
優待利回り:0.2%(500株)

◇優待内容

権利確定月 3月

金沢特産品等

500株以上 1,500円相当
2,500株以上 5,000円相当
5,000株以上 8,000円相当
10,000株以上 15,000円相当




【ビジネス】
プレハブ建築・立体駐車場大手。主力のシステム建築は販売(工場、事業所など)・レンタル(仮設住宅など)。立体駐車場は販売に加えメンテナンスも国内外で伸長。東南アジアで積極展開。

今後は建設・販売・メンテナンスなどグループ全体でのシナジーの最大化を目指すとのこと。



【業績】
ここ数年は増収増益です。経常利益率は1割弱。

2/9に開示された3Qはイマイチ。前期が熊本震災の特需だったっことを加味しても、進捗率が低すぎる感じがしますが…まあ、うん。



【財務】

財務はあまりよくありません。流動比率はほぼ100%、有利子負債もやや多めです。



【キャッシュフロー】
CFはイマイチ。前期こそフリーCFはプラスですがそれ以前はマイナス。積極的に設備投資やM&Aを仕掛ける企業なのでこういう感じなのでしょう。



【配当】
配当は連続増配中。配当性向35%を目処にしているようですね。



【優待】
優待は金沢特産品。ただ、単元ではもらえないのでご注意を。100株からに拡充してくれれば…



【チャート】
長期のチャートを見ると、2011年ごろから順調に右肩上がりです。

今月に入って急落していますが、1/3くらいは戻していますね。25日線で跳ね返されそうな感じもしますが…。



【カタリスト】
①堅調な業績の伸び。今期は伸びが鈍っているように見えるのは前期の土地譲渡のため。
②地震など災害時に仮設住宅の需要が高まる。
③東南アジアではまだ少ない立体駐車場、そのパイオニアになれるかも?



【同業他社比】

ユニットハウスメーカーなどと比較すると、PER・利回りはやや割安か。ただ、成長性はここが一番ありそう。



【コメント】
割安好業績・高利回り銘柄としてピックアップ。この成長力でこのPERは安い感じがしますが…。配当が多いのも魅力。あとは優待を100株からに…もう1部だし無理かなあ。

2020年より先は、ストックビジネスの育成と東南アジアの立体駐車場の拡大がキーになりそう。M&Aも駆使しつつ上手いことやっていってほしいですね。

あとは地震など災害時に上がる株としてヘッジで持っておくのもいいらしいです…。







コメント

非公開コメント

加藤バネ男

株主優待や高配当の銘柄が大好き。 薄く広く銘柄を所有し、塩漬けにするのが得意(^ω^)