ビーグリー(3981)はトップじゃなけど…。

株日記
02 /23 2018
本日(2/23)の日経平均株価:21892.78(+156.34)

今日の日経平均は反発。前夜の米国市場はダウが上昇、ナスダックが下落とまちまち。為替も再び1ドル=106円台へと円高方向に進みました。東京市場は後場一段高で高値引けとなりました。ただ、週末と言うこともあって売買代金は2兆円台前半と閑散。



今日の注目銘柄:ビーグリー(3981)

【基本情報・指標】
市場:マザーズ
株価:1625円
時価総額:98.3億円

PER:12.9倍
PBR:2.0倍
ROE:15.4%
EV/EBITDA:6.2倍
自己資本比率:64.7%
配当利回り:―
優待利回り:0.6%(100株)

◇優待内容

権利確定月 12月

「まんが王国図書券」
100株以上 1,000ポイント分
500株以上 5,000ポイント分
1,000株以上 10,000ポイント分
5,000株以上 50,000ポイント分




【ビジネス】
コミック配信サービス「まんが王国」が主力。スマホ向けコミック配信サービスが売上の90%超。その周辺サービスも育成。取り次ぎ会社を通さず、ライセンサーと直接交渉し仕入れするのが特徴。オリジナルコンテンツも育成。

電子書籍市場自体はユーザー数・平均購入量ともに順調に拡大中。電子コミックはその中でも最も人気のジャンル。「まんが王国」自体は業界トップというわけではないが、成長産業だけにそれなりの成長は期待できるでしょう。



【業績】
ここ数年の業績は増収増益。経常利益率も1割を超えてきています。

2/13に開示された本決算はまずまず。前期比で大幅な増益ですが、ほぼ予想通りの着地となりました。次期も1割ほどの増収増益予想となっています。



【財務】
財務はいいですね。現預金+売掛金>負債合計です。有利子負債も少なめ。



【キャッシュフロー】
CFは2期分しかありませんが、+--でフリーCFも出ています。



【配当】
配当はまだありません。投資の次期ですかね。



【優待】
優待は昨年の11月に新設されました。自社のサービス利用券なので負担は少なそう。



【チャート】
昨年上場し、1600~2400のレンジで推移していましたが、直近で若干下抜け。

先々週の暴落後は徐々に値を戻してきていますが、25日線が抵抗になりそうな形。1700くらいが壁になりそう?



【カタリスト】
①市場変更期待
②好調な業績
③電子書籍関連というテーマ性



【同業他社比】

ほかの電子書籍系の銘柄と比べるとやや割安感あり。時価総額はかなり低め。利益率は高め。



【コメント】
割安高成長・昇格期待銘柄としてピックアップ。直近の暴落の影響もありますが。成長力のわりにPERが低いです。1部はまだまだ先でしょうが、優待新設は良い兆候。

電子コミックは業界自体がまだまだ伸びると思うので、トップではないけど時価総額の低いここが狙い目かも?








コメント

非公開コメント

加藤バネ男

株主優待や高配当の銘柄が大好き。 薄く広く銘柄を所有し、塩漬けにするのが得意(^ω^)