バイテック(9957)は野菜作ります。

株日記
04 /18 2018
本日(4/18)の日経平均株価:22158.20(+310.61)

今日の日経平均は4日続伸。前夜の米国市場は好調。米朝首脳会談の準備が報じられるなど政治リスクが後退したことも追い風か。今日は大型だけでなく小型株も上昇。節目の22000円を突破して良い感じになってくれると良いですね…。



今日の注目銘柄:バイテック(9957)

【基本情報・指標】
市場:東証1部
株価:2494円
時価総額:358.5億円

PER:19.7倍
PBR:2.4倍
ROE:12.0%
EV/EBITDA:13.0倍
自己資本比率:19.5%
配当利回り:2.2%
優待利回り:―



【ビジネス】
独立系の総合エレクトロニクス商社。電子機器の販売などを行うデバイス事業、太陽光発電や野菜工場を運営する環境エネルギー事業、大手メーカーの調達部門への代行・請負・コンサルなどを手がける調達事業の3部門に分けられる。

売上ではデバイス事業が8割を占めるが、利益面では環境エネルギー事業が半分以上。2/26の開示で植物工場への50億円の投資を決定しており、この分野での発展を成長の柱にしようとしている。

中期経営計画では2020年度には売上3000億・純利益40億を打ち出しており、その達成はこの投資の結果に係っているといると言えよう。



【業績】
ここ数年は若干の増収増益傾向。経常利益率は1.3%ほどでしょうか。低いですね。

2/7に開示された3Qは微妙。3Q単体では前年同期比で減益になっています。ただ、通期予想に対する進捗率は依然として高い水準です。



【財務】
財務はイマイチ。流動比率は120%ほどですが現預金が少なく、棚卸資産が多い感じです。利子負債もかなり多いですね。



【キャッシュフロー】
CFは結構バラバラ。商社ですしこんなものでしょうか。



【配当】

配当は連続増配中。配当性向も50%ほどと高いです。



【優待】
なし。



【チャート】
長期では2013年ごろから上昇トレンド。今年に入ってから伸びが加速しています。



【コメント】

グロース銘柄としてピックアップ。業績まずまず、財務・CFはイマイチと言う商社です。先月からの伸びがすごいですね…。

ここはいわゆるビッグチェンジ銘柄。これまでのデバイス事業ではなく、植物工場を中心とした環境エネルギーに注力していくと意思表示した、転換期にある企業です。チャートも右肩上がりですし、新高値投資の人たちが買いやすい銘柄でしょうか。とりあえずは計画の進捗を見守りたいと思います。。。

コメント

非公開コメント

加藤バネ男

株主優待や高配当の銘柄が大好き。 薄く広く銘柄を所有し、塩漬けにするのが得意(^ω^)