EMシステムズ(4820)は中計いけそう?

株日記
05 /18 2018
本日(5/18)の日経平均株価:22930.36(+91.99)

今日の日経平均は続伸。為替が1ドル=111円目前まで円安になったのが追い風。ただ、前夜の米国市場の軟調さや週末ということもあって上値は思い展開でした。



今日の注目銘柄:EMシステムズ(4820)

【基本情報・指標】
市場:東証1部
株価:1038円
時価総額:377.3億円

PER:26.5倍
PBR:4.7倍
ROE:7.8%
EV/EBITDA:14.2倍
自己資本比率:72.7%
配当利回り:1.7%
優待利回り:―




【ビジネス】
調剤薬局向けのシステム開発・販売大手。電子カルテなど医科システムも拡大。新大阪の本社ビルでテナントを入れ賃貸収入も。

現状のシェアは調剤システム32%(トップ)、医科システム3%、介護システム0.7%。新中計では、2023年3月までにそれぞれ50%、10%、5%へ引き上げるとのこと。ビジネスモデルも完全ストックのクラウド型へ。

新中計では足元の数期は減収減益予想で、その後売上利益ともに急回復するシナリオ。大型の投資やM&Aはいいのですが、競争の激化や薬価改定などのリスクも多い印象。調剤薬局向けの強みをどこまで生かせるでしょうか…。



【業績】
ここ数年は増収増益傾向。経常利益率は1~2割ほどです。

5/8に開示された本決算はまずまず。予想に対しては利益面で1割以上上ぶれて着地。ただ、4Q単体では前期比マイナスでした。

注目の今期予想は大幅な減収減益。ストックビジネスへの業態転換、最先端技術の研究開発、M&Aなどが理由のようですが…。短期的な株価の下落は避けられないでしょう。



【財務】
財務は全く問題なし。現預金>負債総額です。有利子負債も極少。



【キャッシュフロー】
CFは文句なし。フリーCFも毎期きちんと出ています。投資CFのプラスは賃貸用不動産による収入などなので問題なし。



【配当】
配当はここ数年連続増配中。今期・来期は減益予想なので期待できそうにありませんが…。ただ、財務は良いので増配継続の可能性も?



【優待】
なし。



【チャート】
長期で見ると2015年ごろから上昇トレンド。ただ、直近はかなりボラが大きくなっています。

直近では数日前の決算で窓を開けて下落しています。今はそこから戻ってもいませんが、下げ止まったような形。



【コメント】

リバイバル銘柄としてピックアップ。財務・CFは問題なしですが、今期の業績予想が減収減益…。説明資料でも、来期まで減益予想なのは、今買うには厳しいですね。

また、僕が不勉強なのもあるのですが、中計の目標達成がやや不確かな感じがします。調剤薬局でのシェアの高さが、どこまでほかの分野で生かせるか、進捗を注目しましょう。



コメント

非公開コメント

加藤バネ男

株主優待や高配当の銘柄が大好き。 薄く広く銘柄を所有し、塩漬けにするのが得意(^ω^)