三精テクノロジーズ(6357)はロボットもあるよ。

株日記
06 /15 2018
本日(6/15)の日経平均株価:22851.75(+113.14)

今日の日経平均は反発。ECB理事会は量的緩和の年内終了と来年夏まで利上げしない方針を打ち出し、欧州株は上昇。米国市場もナスダックが好調、為替も円安方向ということで日本株も上昇して引けました。



今日の注目銘柄:三精テクノロジーズ(6357)

【基本情報・指標】
市場:東証2部
株価:1725円
時価総額:333億円

PER:11.8倍
PBR:1.1倍
ROE:9.5%
EV/EBITDA:7.6倍
自己資本比率:43.3%
配当利回り:1.6%
優待利回り:―




【ビジネス】

遊戯機械・舞台設備の製造大手。劇場やテーマパークが納入先。M&AでアメリカのS&S、オランダのvekomaを子会社化。

遊戯機械は富士急ハイランドやサンリオピューロランド、ハウステンボスをはじめ国内外の多くの有名テーマパークに納入実績。

カジノや2025年の万博が決まればテーマ株として動意する可能性も。リスクは事故や設備トラブル。



【業績】
ここ数年の業績は増収増益…でしたが前期は減収減益。経常利益率は1割ほど。

5/11に開示された本決算はまずまず。前年同期比では減収減益ですが、予想よりは若干プラスで着地。前期はもともと受注の谷間と言うことで本業に問題はなさそう。

注目の今期予想は大幅な増収増益。子会社化したVekoma社の上乗せが大きいですね。IFRSではないので、113億ほどののれんの償却がアレですが…。



【財務】

財務はまずまず。流動比率は200%弱、現預金+売掛金と流動負債がほぼ同額です。直近のM&Aで有利子負債がけっこう増えましたね…。



【キャッシュフロー】
CFはややバラつきがありますね。大型の設備などを扱うので、債権や借入金などが期によって大きく増減するようです。



【配当】
配当は増配傾向ですが、きっちり減配もするようなので、業績もある程度見ているようです。配当性向は2割ほどでしょうか。



【優待】
なし。



【チャート】
長期のチャートでは2014年ごろから綺麗な上昇トレンド

ここ3ヶ月くらいでは上昇トレンド。大きな窓上げ上昇が2回ありますね。1500くらいまで落ちてこないかなー。



【コメント】
業績・財務・CFともまずまず。指標的には割安感あり。今期はMAで大きく業績が上昇する予想です。

MAでのれん償却が結構増えますが、利益はそれなりに出そう。3月の人型ロボットの開示が結構面白かったですね。こういったユニークな企業は人材確保もほかより優位なのではないかと。好きな企業です(買うとは言っていない))



コメント

非公開コメント

加藤バネ男

株主優待や高配当の銘柄が大好き。 薄く広く銘柄を所有し、塩漬けにするのが得意(^ω^)