日本社宅サービス(8945)は中計がアレ。

株日記
07 /03 2018
本日(7/3)の日経平均株価:21785.54(-26.39)

今日の日経平均は小幅続落。前夜のNYダウなどが好調で、為替も円安方向だったためか高く始まった東京市場。後場は弱含みましたが引けにかけて反発。上海の上昇を受けての流れだったでしょうか。日経平均に比べてマザーズやジャスダックの下げ幅が大きく、個人にはきつい一日でした…。



今日の注目銘柄:日本社宅サービス(8945)

【基本情報・指標】
市場:東証2部
株価:732円
時価総額:77億円

PER:12.9倍
PBR:1.5倍
ROE:11.4%
EV/EBITDA:9.4倍
自己資本比率:48.6%
配当利回り:2.5%
優待利回り:―




【ビジネス】

借り上げ社宅の管理代行のトップ企業。サンネクスタグループ。社宅管理事務代行と施設管理代行が売上の約半分ずつを占めるが、利益では社宅管理事務代行が9割。

社宅管理は事務中心でかなり高利益率。12年連続の業界トップで親会社のベネフィットワンからの受注もあるようで完全なストックビジネスに。

中計は2020年に売上97億・営業利益12.7億を目指すが達成は厳しいか。今期買収のスリーSのセキュアサポートなどの新サービスの進捗に期待。



【業績】
ここ数年は増収増益傾向。経常利益率も徐々に高まって、1割を超えてきています。

5/8に開示された3Q決算はイマイチ。相変わらず今期は利益面で前年同期比マイナスが続いています。6/8には通期業績の下方修正も発表されています。完工や稼動の遅れ、解約などが要因のようです。受注自体は堅調で、中計も変更はないとのことなので、会社側も一時的な減益と見ているのでしょう。



【財務】
財務はまずまず。流動比率は150%ほど。有利子負債もそこそこ。今4半期に短期借入金が27億ほど増えているのは何でしょうね?



【キャッシュフロー】
CFは良い感じ。ほぼ毎期+--、フリーCFも結構出ています。



【配当】
配当は近年増配傾向。配当性向30%以上、DOE3.5%以上が目標のようです。



【優待】
なし。



【チャート】
長期では2013年ごろから上昇トレンド。15~16年にかけてやや停滞しましたが、再度上昇しています。

ここ半年ほどは下降トレンド。上値も下値も切り下げる嫌~な形です…。



【コメント】
割安好業績銘柄としてピックアップ。長期の業績・財務・CFは結構良さそう。気になるのは足元の業績。すでに下方修正が出ていますが…一時的なものであってほしいですね。

かなり高い数字を立てている中計は、あくまで目標という感じなのかも。チャートが悪すぎて買いにくいですが、このPERならある程度織り込んでいるのかな?1部昇格条件は満たしているようです。


コメント

非公開コメント

加藤バネ男

株主優待や高配当の銘柄が大好き。 薄く広く銘柄を所有し、塩漬けにするのが得意(^ω^)