ユニゾホールディングス(3258)は有利子負債がアレ。

株日記
07 /10 2018
本日(7/10)の日経平均株価:22196.89(+144.71)

今日の日経平均は3日続伸。前日の欧米市場が好調で、為替もドル円が円安傾向と色々追い風。ただ、騰落は値下がり銘柄のほうがが多く、マザーズはマイナスと個別では弱さも目立ちました。



今日の注目銘柄:ユニゾホールディングス(3258)

【基本情報・指標】
市場:東証1部
株価:2083円
時価総額:713億円

PER:7.8倍
PBR:0.9倍
ROE:11.0%
EV/EBITDA:21.0倍
自己資本比率:11.7%
配当利回り:1.4%
優待利回り:3.8%(100株)

◇優待内容

権利確定月 3月

(1)UCギフトカード
(2)ホテル・ゴルフ場共通株主優待券
(3)ホテル・ゴルフ場共通プレミア優待券

100株以上  ①3,000円相当 ②5枚 ③-
1000株以上  ①5,000円相当 ②5枚 ③1枚



【ビジネス】
オフィスビルの賃貸が主力。ホテル事業は「ホテルユニゾ」「ユニゾイン」などのブランドで展開。

不動産事業は東京都とアメリカのニューヨーク・ワシントンDCを中心に102棟を保有。物件数は日本が8割以上だが、賃貸可能面積ではアメリカが5割超。東京のオフィス市況は空室率の低下と賃料の上昇が目立つ。

ホテル事業は既存の2ブランドに加え、低価格ブランドを追加。現在開業のホテルが20、開発中が11。2020年には開業29、開発中16まで増やす計画。

前中計を1年前倒しで達成、今中計では2019年度に売上高669億、営業利益209億円を目指す。



【業績】
ここ数年は増収増益。経常利益率は2割ほどと高め。

4/27に開示された本決算はまずまず。事前に修正があったように予想からは若干の下ブレで着地。不動産は好調ですが、ホテルがやや足を引っ張っているようです。今期の予想は増収増益。引き続き、投資を拡大するようですね。



【財務】
財務は良くないです。流動比率は70%ほどで、有利子負債もかなり多めです。保有不動産の含み益が1700億ほどあるとはいえ、これはちょっと心もとないか…。



【キャッシュフロー】
CFはほぼ毎期+-+。不動産の取得に積極的で、それを借り入れや社債、増資などで賄っている状況です。



【配当】
ここ数年は連続増配中。配当性向は2.5割ほどです。財務は良くないですが、業績は好調なのでこの水準なのでしょうか。



【優待】
優待はギフトカードと関連施設の利用券です。使いやすいギフトカードがあるのは良いですね。



【チャート】
長期では3013年から15年まで上昇トレンド、その後下降トレンドというわかりやすいチャートです。

ここ半年で見ると綺麗な下降トレンド。窓明け下落のあとはやや横ばいなので25日線が横を向きかけています。まずはここを超えてきてほしいところ…。



【コメント】
割安高利回り銘柄としてピックアップ。業績良し、財務ダメ、CFまずまずという企業。割安と書いておいてなんですが、割安ではないです。賃貸中心とはいえオフィスやホテルは景気敏感ですし、レバレッジもかなりかけているので相応のリスクも。不動産の含み益も2000億近くあるようですが…。

とにもかくにも有利子負債ですね。あと増資。日本だけでなくアメリカにもそれなりに物件を持っているというのは強みかもしれません。増資後に買って、増資前に売りましょう。知らんけど。



コメント

非公開コメント

加藤バネ男

株主優待や高配当の銘柄が大好き。 薄く広く銘柄を所有し、塩漬けにするのが得意(^ω^)