ファンデリー(3137)は教科書的ないい銘柄。たぶん。

株日記
09 /27 2016
本日(9/27)の日経平均株価:16683.93(+139.37)

今日の前場は、昨晩のドイツ銀行絡みによる欧州・米国株安を受けて下落。後場はアメリカ大統領候補同士によるテレビ討論で、”比較的マシ”とされるヒラリー・クリントン氏が優勢と伝えられ上昇、というわかりやすい動きでした。

今日は9月末の権利付き最終日で配当優待取りの動きがあったり、日銀のETF買いがあったりと後場のリバウンドは勢いがありました。売買代金も2兆円を超えており活況。


日本和装(2499)がなぜか大幅高だったので売っておきました。検索しても材料が見当たらなかったのですが、はて?引け値は前日比+5円まで戻っていました…



今日の注目銘柄:
ファンデリー(3137)

特色:医療機関等に健康食を宅配。

市場:東証マザーズ
株価:900円

PER:16.8倍
PBR:3.7倍
自己資本比率:82.9%
配当利回り:―
優待利回り:―




【業績】
ここ数年の業績は増収増益できれいな右肩上がり。営業利益率も15%を超えています。

7/29開示の1Q決算は売上・利益ともに前年同月比1~2割増。ただ、半期予想と見比べると進捗率がイマイチという微妙な決算に…。四季報は半期・通期ともに会社予想より少し上を見ているようです。



【財務】
財務は文句なし。「現金及び預金」だけで負債全体の4倍以上。当然、無借金経営です。ただ、この財務で配当もなく、投資キャッシュフローのマイナスも少ないというのはちょっといただけない。なにか理由があるのでしょうか?潤沢な資金を上手く活用できるといいのですが…。



【配当・優待】
配当・優待ともになし。

財務的にはもう配当を出してもいいような気もします。



【チャート】
去年の6月に上場したばかりの企業なのでチャートは短いです。上場後に大きく下げて、そこからは600~1000くらいのボックストレンドでしょうか。

半年くらいのチャートだと、下降トレンド~下げ止まりだったのが9/16から一気に上昇。四季報の発売がきっかけのようです。13週線や25日線が上向いてきたので、そこに乗って上昇トレンドを継続できるといいですね。




【感想】

保有株です。個人的にはこうした配当・優待なしのノーインカム株は好きではないのですが、業績が良くて割安でニッチでわかりやすくて小型で…という教科書的ないい銘柄だと思ったので少し買っていました。

今月の四季報発売で少し上がりましたが、まだホールド中。1000円くらいは行ってほしい…(`・ω・´)




コメント

非公開コメント

加藤バネ男

株主優待や高配当の銘柄が大好き。 薄く広く銘柄を所有し、塩漬けにするのが得意(^ω^)